秋になり、小6・中3・高3受験生も本格的に受験勉強に取り組む時期に

なりました。

くばと塾では、今年度より中3受験生に向けた「中3過去問演習&徹底解

説ゼミ」を開講致しました。

この講座は、これまで塾に通ったことのない方現在他塾に通っている

方も受講することのできる「過去問演習」に特化したものです。

 

 

■過去問演習は早く取り組んだもの勝ち!?

 

くばと塾の中3生は通常、夏休み中に中3の2・3学期の予習を全て終わら

せてしまい、9月から県立・私立高校の過去問に取り組んでもらってい

ます。

これは、過去問に取り組む時期が早ければ早いほど模試の成績が上がり

やすくなり、また入試当日の得点が上がるからです。

翌2月の入試に向けて、9月から過去問に取り組む方は5ヶ月以上の時間

があります。

夏休みに予習をしなかった方は、9月以降は内申が最終的に決まる定期

テストに気をとられてしまい、予習が終わるのは12月頃です。

そうなると過去問に取り組める期間は2ヶ月もありません。

また、9月からは毎月のように模試がありますが、この模試は入試問題

の形式に沿ったものであるため、9月から過去問に取り組んでいる方に

とってはお馴染みの問題ばかりである一方、まだ過去問どころか予習も

済んでいない方が解くには難しい問題がほとんどです。

そうしたこともあって、9月から過去問に取り組んでいる方の成績はど

んどん上がりますが、過去問も予習もしていない方の成績は低迷します。

 

 

■過去問を解きながら予習を進める

 

とはいえ、過去問も予習もしていない方にも打開策はあるのであきらめ

てはいけません。

まだ過去問も予習もしていないのであれば、今この瞬間から過去問と予

習をバランスよく取り組み始めればよいのです。

 

■「過去問を解くのが怖い」という心理

 

しかし、そうはいっても中々過去問に取り組めないのが受験生の本音です。

大手塾に勤めていた頃、毎年2学期から一斉に過去問に取り組むよう生徒

たちに指示をしても、過去問に手をつけられない生徒が一定数いました。

生徒によって様々な理由はあったかと思いますが、おそらく共通している

のが「過去問を解くことで自分の実力不足が露わになるのが怖い」という

心理です。

当たり前ですが、入試は受験生にとって失敗したくない重要なものです。

そして過去問を解いてみて全然解けない、ということが発覚すれば、入試

本番でも同じ状況を想像してしまいます。

こういうことを考えてしまって、「過去問がスラスラ解けない⇒入試本番

でもスラスラ解けない⇒入試に失敗する」と結論付けてしまい、「だから

過去問はやりたくない」あるいは「もっと復習してからにしよう」先延

ばししてしまうのです。

こうなってしまうと、いくら周りが「やりなさい。」と言っても、生徒一

人では中々過去問に手をつけることができません。

そしてこうなってしまっている受験生は毎年、結構な割合でいらっしゃる

はずなのです。

 

 

■くばと塾が過去問演習をサポートします

 

くばと塾では、そういう方にこそ「中3過去問演習&徹底解説ゼミ」に参加

していただきたいと思っています。

過去問の中には、2・3学期の予習が済んでいなくても取り組める問題はた

くさんあります。

参加していただいたお子様一人ひとりの予習状況に合わせて、取り組める

問題から演習と解説、また家庭学習時の取り組み方まで指導を行います。

さらに、どの単元のどの部分を優先的に予習すればよいなど、より効率的

に予習をするためのアドバイスも行いますので、単なる「過去問を演習し

て解説してもらうだけの授業」とは一線を画します。

この授業である程度一緒に過去問を解いていくと、お子様も「なあんだ。

結構自分でもやれるかも」と自信が出てきます。

自信が出てくれば、家庭学習でも少しずつ過去問に取り組めるようになっ

てきます。

そうなれば、自分でできるものは家庭学習で済ませて、自分では取り組み

づらいものや解決できない問題の解説などを授業で行う、という風により

効率的かつ効果的な授業にシフトしていくことができるので、ますます成

績も上がっていきます。

少しでも興味のある方は、今すぐお申し込み下さい。

始める時期が早ければ早いほど、きっと合格に近づきます。