今回は「難しい漢字を楽に覚えられる方法」について紹介します。

難しい漢字の代表的なものとして「薔薇(ばら)」があります。

この漢字を覚えるために何をすればよいかというと、「それぞれの

漢字の覚えにくい部分に赤丸をつける」だけです。

では薔薇(ばら)のどこに赤丸をつければよいか考えます。

まず「薔」も「薇」も「くさかんむり」がついていますが、薔薇

(ばら)は植物ですからここは覚えやすい部分といえるので赤丸はつ

けません。


次に「薔」を見ていきますが、「薔」の一番下の部分は「回(まわ)

る」という漢字でここも簡単です。

しかし真ん中は「土」の中に「人」が2つ書かれていて、他の漢字

にはない珍しい(=覚えにくい)部分ですから、ここに赤丸をつけます。


そして「薇」ですが、「くさかんむり」の下は微妙(びみょう)の

「微(び)」という漢字によく似ています。

しかしよく見ると「山」の下の部分が少し違いますから、ここは注意

して覚えなければならない(=覚えにくい)部分といえるので、ここに

赤丸をつけます。


赤丸をつけたら、今度は赤丸のつけられたこの漢字をじっと眺めて、

赤丸のついた部分を重点的に覚えるようにします。

以上で「薔薇」という漢字を覚える作業は終了です。

「本当にこれだけで覚えられるの?」と思われる方も多いかもしれま

せんが、このやり方で大抵は覚えられます。

目安としては、「薔薇」のような二字熟語なら10分程度で15~20問

ほど覚えることができます。

しかし、薔薇については「くさかんむり」・「人」・「土」・

「回る」・「微」という漢字や部首を覚えていることが前提となり、

中学生以上の方が対象となりますのでご了承ください。