今回は「記憶と復習の関係」について書きます。

 

くばと塾には成績保証制度があり、中高生は入塾後3回以内の定期テスト

入塾前と比べて+20点、または80点以上(100点満点の場合)取れなければ

1ヶ月無料で授業を行う、という内容です。

 

くばと塾開校以来多くの生徒がこの成績保証を達成しており、2019年7月

時点でその達成率は97.2%と、非常に高い割合となっています。

 

但しこの保証制度には条件があります。

 

それは、

①10分以上の遅刻、当日欠席が3回以内であること。

②宿題(丸つけ含む)の未実施が3回以内であること。

というものです。

 

①②ともに勉強や通塾に対する姿勢が正しく取れているかを見るもの

ですが、特に②は人間の脳の性質を考慮した条件になります。

 

その人間の脳の性質とは、「脳は一度記憶した内容を急速に忘れていく」

ということです。

 

 

 

上のグラフは「エビングハウスの忘却曲線」を参考に作成したものです。

 

このグラフを見ると、一度記憶した内容を100%としたとき何も復習しなけれ

ば1時間後には50%以上、2日後には70%以上忘れてしまい1週間後には20%

程度しか覚えていられないことになります。

 

ということは、どれだけ授業で新しいことを学習しても何も対策を打たなけれ

ばその殆どを忘れてしまって、定期テストや入試などで使いものにならない

です。

 

では、復習をするとどうでしょうか。

 

新しいことを学習して翌日(半分程度忘れた頃)くらいに復習して95%以上思

い出す作業を行ったとします。

 

「一度復習したんだからもう大丈夫だろう」と思いきや、それでもやはりすご

い勢いで忘れていきますが、初めて記憶したときと比べると忘れるスピードは

ゆっくりになります。

 

1日~数日程度に間隔を空けて“再び思い出す作業(復習)”を2回、3回と繰り返

し行うと、忘れるスピードはどんどんゆっくりになり“長期間覚えていられる

記憶(長期記憶)”になっていきます。

 

こうした脳の特性を踏まえ、くばと塾では1週間のうち3日程度に分けて復習

をするように宿題を出しています。

 

授業では問題を解くテクニックや注意すべき点を効果的に伝え、その内容を

長期間覚えていられるように宿題で繰り返し復習を行う、ということを繰り返して

行けば、成績は間違いなく上がります。

 

くばと塾の成績保証達成率が97.2%と高い割合になっているのは、決して特

別なことをしているからではなく、むしろ当たり前のことをきちんと積み重ね

た結果であると確信しています。

 

 

「どうにか定期テストの点数を上げたい」

「何としてでも志望校に合格したい」

 

 

という強い気持ちがあるお子様やご家庭は、ぜひくばと塾にお問い合わせ下さ

い。

くばと塾はそんな貴方のお役にきっとなれると思います。