今回はくばと塾の宿題の出し方について書きます。

以前のブログ「成績を上げるために必要なもの」でも塾からの

宿題の重要性について触れました。

家庭学習で「何をどれだけどのように取り組むか」というのは、

専門家である塾の講師の提案を受けることをお薦めしましたが、

これは塾講師が一方的に宿題を決めるということではありません。

 

■「押しつけ」では自主性は生まれない

人間は本人の意思のないところで他人にものごとを勝手に決めら

れたり押し付けられたりしたことに対して、責任を持って取り組

もうという「自主性」は決して生まれません。

そして「自主性」を持って取り組まない限り、努力の先の喜び

も達成感も味わうことがなく、ただやらされているという苦痛

があるだけです。

 

■「達成の可能性」を感じられるかがカギ

くばと塾では宿題を決めるとき、生徒の「自主性」を最大限引き

出せるように考慮しています。

小学生や中学生の場合、基本的には成績を上げるために必要な量

の宿題を出しますが、生徒によっては「やり遂げられるという見込み」

=「達成の可能性」を感じることができずにはじめからあきら

めて、殆ど実施してこないケースがあります。

その場合は、生徒が「これならできるかも」と達成の可能性を感

じられる量まで宿題を減らして様子を見ます。

 

■「演習量で成績は決まる」ことを理解する

ただ、このときに大事なのが生徒に「『この量の宿題をこなして

いるだけでは成績は上がらない』と自覚してもらう」ことです。

宿題を減らしているのはあくまでも一時的な応急処置であり、

つかは適切な量をこなす必要があることを理解してもらわなけれ

ばなりません。

現在、小・中学生の大半の方は何かしら勉強の習い事をしていて、

その中でも大手進学塾に通うお子様の家庭学習の量はかなりのも

のです。

そしてその大手進学塾に通うお子様の中でも、塾から与えられた

宿題をきちんと実施している方だけが成績を伸ばします。

受験や定期テストでこうした同級生に勝つためには、少なくとも

同じだけの勉強量をこなす必要があるのです。

一時的に宿題の量を減らして自主性を育んだら、徐々に取り組む

宿題の量を増やしていく、というのがこのケースでは最良です。

 

■高校の勉強は「自主性」が不可欠

高校生の場合、より一層自主性を重んじた指導や宿題の提案が必

要です。

高校の勉強、例えば数学の授業スピードは中学のおよそ6倍で、

中学のときと同じ勉強法だと、とてもじゃないですが学校の授業

についていくことすらできません。

家庭学習は主に予習中心で、学校の授業を受けても理解できなか

った単元だけをピンポイントで復習していくことが大切です。

この「取りこぼした単元」を塾の授業で講師が解説し、類題演習

して理解できたことが確認できたら、宿題で再度復習してもらい

ます。

塾からの宿題は授業で扱った問題の類題演習と、学校の授業の先

取りをするために予習範囲からの両方を出題します。

授業で扱った問題の類題演習は復習なので取り組みやすいですが、

学校の授業の先取りはまだ誰にも教わっていない内容を理解しよ

うとする取り組みなので、自主性がなければ成立しません。

高校の勉強は予習が必要であり、予習をするためには自主性が不

可欠なのです。

 

■自信を持てば「自主性」が生まれる

この「自主性」を引き出すには、「自分で理解できるんだ」とい

う「達成の可能性」をやはり感じてもらう必要があります。

高校数学の単元には比較的予習しやすいものとそうでないものが

あり、これを講師が選別して予習しやすいものは宿題で出して、

そうでないものは授業で解説をしてから自宅で復習してもらう

うに働きかけます。

生徒は予習しやすい単元を中心に取り組むので自信がつき、「達

成の可能性」を感じやすくなります。

そうなってくると、予習しにくい難しい単元の予習もチャレンジ

できるようになり、成功すればさらに自信がついて「もっと自分

でどんどん勉強してみよう」と思えるようになります。

この「自主性」を持った状態で勉強に取り組めるようになれば、

授業スピードも速くて難易度の高い高校の勉強も、しっかりつい

ていけるようになります。

くばと塾の高校生の指導においては、こうなることを目指して日々

の指導に当たっています。

少しでも気になった方はぜひ4回までの無料体験授業にお申し込み

下さい。