こんにちは。

今回は私の大手塾勤務時代の頃の話です。

 

 

◾︎駿台模試平均偏差70越え!?クラス1位の生徒は…

 

中3の夏合宿、早慶国立大学附属高に例年ほぼ全員が合格

する最難関クラスの朝テストで見事1位に輝いたNくん。

合宿最終日の閉会式で表彰され、インタビューでこう答え

ていました。

 

 

インタビュアー 「(1位を取れた)勉強の秘訣は?」

 

Nくん 「分からない問題をそのままにしないで、しっかり

     復習したことです。」

 

 

 

インタビュアー 「他には?」

 

Nくん 「テストでは見直しをしっかりしました。

 

インタビュアー 「ありがとうございました。」

 

 

 

 

分からない問題をそのままにせず復習する。

見直しをする。

 

 

どちらも当たり前のことのように聞こえます。

しかし、どちらも多くの生徒ができていそうで実はできて

いないことなのです。

 

分からない問題をそのままにせず復習することは、自分が

解ける問題を増やすことであり、学力向上に直結します。

 

見直しをしっかりすることで、うっかりミス・計算ミスを

テスト時間内に見つけて防ぐことができ、自分の実力をテ

ストできちんと発揮できるようになります。

 

◾︎「学ぶ」は「◯◯」。まずは◯◯してみよう。

 

一見当たり前のことですが、Nくんが話してくれたこの2つ

のことは、成績を上げるための勉強のセオリーといえます。

 

「『学ぶ』は『真似ぶ』」といわれるように、成績を上げ

たいと思ったらまずは成績の良い人の真似をすることから

始めることが大切です。

 

始めは真似事でも、徐々に自分のものになってきます。

Nくんはその夏の段階では間違いなく日本の中3生でトップ

の成績だったはずです。

そのNくんが言っていたことですから、試してみる価値は

きっとあります。

成績が伸び悩んでいる方はぜひトライしてみて下さい。