新年明けましておめでとうございます。

昨年はブログの更新が頻繁にできませんでしたが、今年は学習法以外にも

色々と書いて、もう少し頻度を上げていきたいと思います。

さて、今回のテーマは「成績のよい人と同じやり方で勉強すれば成績は上

がる。」です。

 

 

 

▪︎ss50を取りたければss50を取っている人の勉強の仕方を徹底的

に真似る。

 

例えば、自分の偏差値が40で、「ss50(偏差値50のことです)まで上げた

いな」と思ったとします。

その場合は、

①学校やご近所、塾など周りを見渡して「同学年でss40からss50まで上

 がった人」、そういう人がいなければ「同学年でss50の人」を見つける。

②その人にどのように勉強しているかを観察したり、(できれば)質問する。

③勉強法を聞いたら、あとは自分も同じように勉強に取り組む。

④模試などで結果を見て、成績が上がっていればその方法を続ける。

 上がっていなければ②で質問した人に再度質問しに行き、自分の勉強法に

 修正すべき点があれば修正する。

の4つのステップを実践することをおすすめします。

 

 

 

▪︎勉強は自ら積極的に取り組むと、それだけで学習効果が上がる。

 

このときにしてはいけないことは、「自分に都合のよいことだけを真似して、

大変そうなことは真似しない」ことです。

自分よりもよい成績を取っている人は、ほぼ100%自分よりも努力をしている

と考えなければいけません。

とはいえ、「自分にはできそうにない」と思ったことは実践できないと思い

ますので、できそうなことから一つずつでも実践するといいかと思います。

勉強は自分から積極的に取り組むと、それだけで学習効果が飛躍的に上

がります。

上記の4つのステップを取り組むことは、それだけで勉強に対して積極的な

姿勢で挑むことになるので、短期であきらめず続けさえすればきっとよい結

果を生みます。

例え上手く行かなかったとしても、そういう積極的な姿勢の方が塾などに通

われると、間違いなく成果が出ます。

 

できる人のことを観察し、行動を真似してみる。

 

これは大人になっても色々なことに適用できる方法ですから、学生のうちに

勉強を通じて身につけられるとすばらしいですね。