こんにちは。

ゴールデンウィークも明けて、中学生や高校生は定期テストが間近に迫って

いる方も多いと思います。

特に中学3年生は、入試対策と定期テストのバランスを上手く取って勉強を

行う必要がある時期でもあります。

9月から入試の過去問演習に取りかかることを考えると、中3で学習する内

容を今のうちに予習しておかなければなりませんが、ついつい目先の定期テ

ストに意識が偏りがちになってしまいます。

目指す学校のレベルや個々の学習状況によりますが、理想としては

①中3内容を予習段階で8〜9割方モノにしてしまう。
②定期テスト2週間前までは中3内容の予習に集中する。
③定期テスト2週間前から1週間前までは定期テスト勉強と中3内容予習を
 6:4の比重で取り組む。
④定期テスト1週間前から当日までは定期テスト勉強に集中する。
⑤定期テスト終了日から中3内容の予習を再開させる。

という流れです。

ここでのポイントは、定期テスト1週間前までは中3内容の予習をし続ける

というところです。

神奈川県公立高校入試は2013年度から入試制度が大きく変わりましたが、

学力検査なしの入試が無くなったことから「学校の成績だけ取っていれば何

とかなる」という考えが通用しなくなったことが最も大きな変化といえます。

中3の後半に伸びる生徒は皆、1学期や夏休みに中3内容の予習に力が入ってい

ます。

「自分じゃできない」という方にこそ学習塾が力になれると思いますので、自

分に合いそうな塾を探してみることをおすすめします。

くばと塾は見た目は小さいですが、第一志望校合格に向けての確かなプランで

サポートしていきますので、ぜひ体験授業をお試し下さい。

お問い合わせはこちら