こんにちは。

今回は前回に引き続き、「合格力を上げる方法」に

ついて書きたいと思います。

 

 

■「◯◯演習」だけでは合格力は上がらない!?

前回は「過去問演習の大切さ」について書きました。

では、過去問演習だけをやっていて合格力が上がる

のかというと、答えは「NO」です。

最大の理由は、「過去に出題された問題と同じ問題は

決して出題されることはない」からです。

過去問を解き、出題傾向を知ることは非常に大切です。

しかし、そこから「過去問の類題を演習する=入試対策

演習を行う」ことで初めて合格力が上がるのです。

 

 

■車は◯◯がバランスよく回るから真っ直ぐ進む

車で例えると「過去問演習」と「入試対策演習」は右前

のタイヤと左前のタイヤのようなものです。(後輪につ

いては次回以降で書きたいと思います。)

この2つの前輪がバランスよく回ることで合格に向かっ

て真っ直ぐ進むことができます。

「過去問演習」だけやっても「入試対策演習」だけやっ

ても、バランスを崩して思うように合格力を養うことは

できません。

一見当たり前のように聞こえますが、実際にこの2つを

バランスよくこなせている受験生はごく少数です。

模試の成績で思うような結果が出なかったりして悩んで

いる方は、今一度この「過去問演習」と「入試対策演

習」がバランスよくできているかを確認してみて下さい。

あせりの出るこの時期こそ、基本的な取り組みを徹底させ

ることで意外と突破口が開けることがあります。

→お問い合わせはこちら