こんにちは。

今回は「併願パターン」の重要性について書きたいと思います。

 

◼︎実力を十分に出し切るためには「◯◯」が重要!?

中学受験や高校受験をする小6・中3生はおそらく大半の方が人生初めての

受験となるはずです。

もし、初めての受験が第一志望校の場合、緊張せずにきちんと実力を発揮す

ることができるでしょうか。

きっと殆どのお子様は入試会場独特の雰囲気の中、極度の緊張で十分に実力

を出し切ることができずに試験を終えてしまうことと思います。

そうならないためにも、第一志望校を受験する前に必ず他の学校を受験する

ことが重要です。

私立中学受験の場合、東京・神奈川の入試が2/1から開始となり、2/1に第一

志望校を受験するご家庭が多いと思います。

その場合、1月に埼玉・千葉の中学入試がありますのでこちらを受験すること

をおすすめします。

もちろん、「埼玉・千葉なんて遠くて通えない」と思われるご家庭も多いと思

います。

しかし、現状として2/1以降の練習として1月の埼玉・千葉入試を受験するご家

庭は毎年多数いらっしゃることを考えると、2/1にお子様と同じ学校を受験して

くるライバルたちの多くがそれまでに「受験」という修羅場を経験してきている

ことになります。

そのライバルたちはおそらく、初めての受験となる方達よりも余裕を持って試験

に臨み、結果として実力を十分に発揮します。

ライバルたちに差をつけられないようにするためにも、「第一志望校を受験する

前にお試し受験をする」ということはとても重要であるといえます。

 

◼︎第一志望校以外に「◯全校・◯◯相応校・チャレ◯◯校」の3タイプ

を受験する

次に重要なことは「様々なレベルの学校を幅広く受験する」ことです。

 

①安全校

入試直前のお子様の偏差値に対して-5以下の学校を「安全校」といいます。

安全校を受験するメリットは、

第一志望校を受験する前に受験することで「合格」を実感し、自信がつく

・中学受験 → 全校不合格を防ぎ、努力してきた成果を実感して次のステップ

(中学)へ進むことができる

・高校受験 → 全校不合格を防ぎ、高校進学を確保することができる

など様々あります。

特に中学受験では、第一志望校だけを受験してしまうとそこが不合格だった場合、

受験のために何年も努力し勉強し続けてきたお子様が一度の成功体験をすることが

ないまま、地元の中学校へ進学することになります。

私立中学を複数併願受験できる首都圏において、中学受験を全校不合格で公立中に

進学する生徒は非常に少ないため、ともすれば3年間肩身の狭い思いをして中学校

生活を過ごさなければならなくなることも考えられます。

お子様に万が一でもそのような思いをさせないため、また受験勉強で努力してきた

達成感を味わってもらうためにも、きちんと安全校を受験させてあげることは大切

なことです。

 

②実力相応校

入試直前のお子様の偏差値に対して-4〜+4の学校を「実力相応校」といいます。

実力相応校を受験するメリットは、

・安全校を合格する以上に自信がつく

・高校受験 → 併願優遇のある安全校と比べて、自分の実力を見極めやすい

などがあります。

東京・神奈川の私立高受験の場合、一般入試では中学の内申点に応じて優遇措置を

とってもらえる(併願優遇といいます)学校があり、それが「安全校」となります。

第一志望校となる私立高や公立高を受験する前に、安全校だけを受験しても直前の

自分の実力は分かりません。

私立一般入試で第一志望校を受験する場合はオープン入試だと100%当日の学力試験

で合否が決まってしまいますし、また都立・県立高一般入試では50~70%が当日の学

力検査が得点となるため、「入試当日どれだけ力を発揮できるか」ということを知る

ことは大変重要なのです。

ですから、そうした併願優遇のない自分の実力と同レベルの私立高を受験し合否を

見ることで直前の自分の実力がどの程度かを確認し、それに応じて公立高の受験校を

変更するなどの機転を効かせることができるようになるのです。

ぜひ安全校だけではなく実力相応校も受験することをおすすめします。

 

③チャレンジ校

入試直前のお子様の偏差値に対して+5以上の学校、または第一志望校よりも1〜2ラ

ンク上の学校を「チャレンジ校」といいます。

チャレンジ校を受験するメリットは、

チャレンジ校を目指して勉強することで第一志望校合格がより確実になる

・第一志望校受験の前にチャレンジ校を受験することで、第一志望校受験以上の

緊迫感を体験することができる

などです。

以前、都立日比谷(都立トップ校)に合格した生徒が受験後の感想で、

早大学院の試験では試験官の先生がすごく厳しくてピリピリしたムードだった。

日比谷の試験当日はそれに比べたら大したことがなかったから、とても落ち着いて

試験に臨めた。」

と話してくれたことがありました。

このように「より過酷な体験をすることで本番は落ち着いて実力が発揮できるように

なる」ということが、チャレンジ校を受験する最大の利点なのだと思います。

 

◼︎最難関校は「◯◯するほど合格率が上がる」!?

また、チャレンジ校を複数受験する生徒はチャレンジ校を受験しない生徒や1〜2校しか

受験しない生徒に比べて解き込む問題の難易度も違えば解き込む過去問の量も違います。

以下は私の塾勤務時代、ある年の中3上位生クラスでライバルだった6名の生徒の併願

パターンです。

併願校1

 

この6名は毎回の模試で順位が入れ替わるほど実力が僅差だったのですが、Aくんと

Bくんは早慶附属高合格にこだわり、受験できるところは全て受験するという併願パ

ターンを組み、残り4名の生徒は第一志望がいずれも都立トップ校だったため受験し

たい早慶附属高やMARCH附属高を受験するという併願パターンでした。

その結果、以下のような合否結果となりました。

併願校2

 

Aくんは早慶附属高は全勝、Bくんは早稲田実業こそ合格は逃したものの残りの早慶

附属高は全て合格という結果になりました。

一方、第一志望ではないものの同じく早慶附属高を受験したCくん、Dさん、Eさん

は残念ながら早慶附属高については合格を勝ち取ることはできませんでした。

Fくんについては早慶附属高に匹敵する難易度の明大明治に合格する実力を見せてく

れたため、早慶附属高を受験していればおそらく合格を取れたのではないかと思い

ます。

どの生徒も一生懸命勉強していましたが、取り組む過去問の量やこだわる入試対策

問題の難易度は、早慶附属高をフルに併願したAくん・Bくんは他の4名と比べて目を

見張るものがありました。

また、Cくん・Dさんはチャレンジ校である早慶附属高は不合格となりましたが第一

志望の都立トップ校は合格を勝ち取りました。

Eさんは残念ながら都立にも合格できませんでしたが、都立トップ校に合格する生徒

でもなることが難しい、八王子高校の特進コースに特待生として合格していたため、

都立一般入試当日にたまたま実力が十分に出せなかったことが敗因だったように思い

ます。(都立トップ校などの難関校では当日の問題が自分にフィットするかどう

かなど、ちょっとした差で合否が変わってしまうことがあります。 )

 

入試直前で同じような学力で同じ授業を受け、同じ量の宿題を出されていた6名でも

これだけ合否が分かれるのです。

受験校の併願パターンは入試結果に本当に重要な要因となりますので、ご家庭として

しっかりと考えていただけると幸いです。