こんにちは。

前回は「学習塾を選ぶ前に知っておくべきこと」について書きましたが、今回は

その続きを書きたいと思います。

前回は「通塾している期間が長くなるほど成果が出やすくなる」ということをお

伝えしましたが、今通わせている塾に成果を感じられなかったり指導・対応に満

足できていない場合はどうすればよいのでしょうか。

「通塾している期間が長くなるほど成果が出やすくなる」ことを考えると、当然

長期的に通塾することを前提に塾探しをする必要があります。

その場合はすぐに今の塾を退塾するのではなく、まず今の塾には通いながらより

合った(今の塾で満足できていない部分を解消してくれる)他塾を探すことがベ

ストです。

なぜすぐに退塾しない方がよいかといいますと、他塾を見学したり進路担当と話

をすることで今の塾のよさも再認識できることがあり、また今の塾に面談を依頼

して「現在の指導・対応に満足できず転塾を検討している」と伝えると可能な限

りの対応に応じてもらえることがあるからです。

また、今の塾の担当と話をすることで、お子様の塾での様子や宿題の提出状況な

ども確認することができ、成績向上に向けてご家庭で取り組まなければならない

ことなども見えてきます(塾側がお子様の授業態度が悪かったり宿題の提出率が

悪いことを定期的に報告し、改善策を提案してこなかった場合は塾側に問題があ

るため転塾をおすすめします)。

集団塾から集団塾へ転塾される場合は、授業担当のパフォーマンススタイル(厳

しく叱る・ユーモアに富むなど)がお子様に合っているかどうかや、クラスの雰

囲気が重要ですから、できれば保護者様も一度は直接授業を最初から最後まで見

学することをおすすめします。

「ウチの子に集団授業は合わないのでは」と集団塾から個別塾への転塾を考える

場合は、教室長の指導力(進路指導力があるか・学習指導の経験が豊富かどうか)

がその教室の講師力に直結しますので、できるだけ教室長とじっくり話し込み、

安心して任せられるかどうかを判断するといいかと思います。

くばと塾は小さな個別塾ですので後者の場合に当てはまりますが、悩みを抱えて

ご相談に来て下さったご家庭には誠心誠意、心を込めて対応しております。

ご相談いただいている中で、くばと塾がお役に立てる場合はご入塾をおすすめし

ますが、くばと塾よりも大手の集団塾の方が向いていると判断した場合は、その

ようにお伝えすることもあります。

大事なことは「お子様の学力向上に最適な方策をご提案することで、ご家庭や地

域に貢献することだと思っています。

学習面でお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さいね。

お問い合わせはこちら